活動の柱

取り組みの概要

私たち Code for SUSONO(コード フォー すその)は、地域課題の解決におけるICTの活用の重要性を認識し、デザイン思考に基づき、デジタル、データを活用し、次の時代を拓く取り組みを進めていきます。

同じ規模の自治体でも、持っている課題は違います。同じ市内でも地域ごとの課題は違います

地域課題の解決は小幅な是正を繰り返し、継続することが大切です。失敗を責めない・恐れない環境で、楽しみながら挑戦できることが継続につながります。

Wikipedia Town

世界最大の情報蓄積サイトの一つ「Wikipedia」上に地域の記事作成することで、情報発信にとどまらず、関連項目による地域間連携や地域愛の醸成、WEBと現実の相互連携などを図ることができる、Wikipedia Townに取り組みます。

Wikipedia

Open Street Map

みんなでつくる地図。各社が提供するオンライン地図サービスで得られる情報は著作権があり、利用者は便利であるが故に意図せず権利の侵害をしてしまうことがあります。利用者でつくるみんなの地図のOpen Street Mapであれば、権利表記をすれば自由に活用することができます。その地図をみんなでつくる取り組みを進めます。

Open Street Map

デジタルアーカイブ

紙媒体をはじめとした、経年により消失してしまう可能性のある文化的資料などをデジタル化し後世に伝える取り組み。また、デジタル化により検索性の向上や原本の保持にも寄与します。

デジタルデータ化した情報はオープンデータとして活用できるように自治体等に働きかけを進めます。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました