団体概要

設立趣意

静岡県東部に位置する、富士山の麓のまち「裾野市」。

裾野市は 2018年8月にデータ利活用推進本部を設置ました。そして同年11月に「データ利活用推進シティ宣言」をし、Code for Japanと政策立案における包括協定を締結しました。

我々はその裾野市を拠点に、チャレンジ!オープンガバナンス2018における地域課題の解決の取り組みで集まった有志により、裾野市とその周辺地域で活動すべく2019年3月10日に設立されました。

2019年6月現在、法人格はなく任意団体としてゆる~く活動をしています。

同地区で先行して取り組みをすすめる「Code forふじのくに」の協力のもと、BUILD and SCRAPとして、必要なものをみんなでともに考え(DESIGN)、自分事としてともに創り(BUILD)、またその時に合わないものは無駄に継続しないよう時に壊す(SCRAP)ことを進めます。

活動内容

ロゴマークについて

裾野市内から見る富士山は稜線が左右対称で、その真ん中には富士山の歴史を語るうえで重要な宝永山が位置しています。

我々Code for SUSONOのロゴマークは、裾野市から見える富士山の特徴を網羅し、直線性でデジタル・データ・ICTを表現し、丸みを帯びた端やフォントでデザイン思考や市民協働による取り組みの和を表現する意図をもってデザインされました。日本の象徴として認知される富士山を意匠化したのは、裾野市だけでなく他の地域との融合も目指す取り組みである決意の表れでもあります。

活動履歴

  • 2019年3月 団体設立(3月10日)
  • 2019年6月 ウェブサイト開設
  • 2019年9月 にわかにGO!リリース
  • 2019年11月 裾野市史オープンデータ化
  • 2019年12月 Code for Japanブリゲード登録
  • 2020年2月 みなみっぷリリース

受賞歴

メディア掲載

  • 2019年9月 静岡新聞 「にわかにGO!」
  • 2019年9月 日刊静岡 「にわかにGO!」
  • 2019年9月 岳麓新聞 「にわかにGO!」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました